検索検索 ナビゲーション

サロン会員

初めての方へ ログイン

BJオンラインサロン
はじめました!

知っておくべき紫外線の豆知識!

「紫外線対策をやっているのに、日焼けしてしまった・・・」
 
といったお声を聞くことがありますよね?
 
今回は、そんな時に知っておくべき、紫外線の豆知識をお伝えさせていただきます。
 

紫外線のおさらい

紫外線は「波長」の長さによって、大きくUV-AUV-Bに分けられます。
 
UV-Aは波長が長い(320nm〜400nm)という特性がありますので、お肌の「真皮」まで届き、真皮に存在するコラーゲンやエラスチンなどを壊してしまうことから、一般的に「シワ」の原因になると言われています。
 
UV-Bは波長が短い(280nm〜320nm)という特性がありますので、お肌の「表皮」に届き、メラニン色素という黒い物質が作られることから、一般的に「シミ」の原因になると言われています。
 
※紫外線はシワやシミだけではなく、あらゆる肌トラブルの原因になりますが、今回は詳細の説明は省きます。
 
「紫外線対策をやっているのに、日焼けしてしまった・・・」
というお声は、主にUV-Bに原因があります。
 
何故ならUV-Bは「散乱しやすい」という特徴があるからです!
 
具体的には、空気中の「窒素分子」や「酸素分子」、それ以外にも個体や液体の「微粒子」に反射します。
 
 
つまり、
・空気
・水面
・地面
に反射するのがUV-Bです。
 
太陽から降ってくるUV-Bの50〜60%は空気、水面、地面に反射していると言われています。
 
日傘を差して上から降ってくる紫外線を遮断していても、UV-Bは様々な場所で反射して、顔や体に届いてしまいます。
 
ですので、紫外線対策をやってても日焼けしてしまったというのは、UV-Bが反射していることが原因の1つと言えます。
 
では、どうすれば良いのか?
 
「日焼け止めをしっかり塗る!」という当たり前のことを徹底するしかありません。
 
今回は非常に当たり前のお話をさせていただきましたが、「UV-Bは反射する」ということだけ頭に入れていただければと思います。