検索検索 ナビゲーション

サロン会員

初めての方へ ログイン

BJオンラインサロン
はじめました!

化粧品は本当に浸透するのか?

化粧品業界で永遠に続く『化粧品は本当に浸透するのか?』をテーマにお話を進めていきたいと思います。

 

ある専門家は「化粧品は角質層までしか浸透しない」と言いますし、また別の専門家は「化粧品は基底層まで浸透するものもある」とも言います。

 

実際にどっちが正しいのでしょうか?

そろそろ決着を付けたいと思います。

 

今回は「皮膚理論」を元にした正解をお伝えします!

 

皮膚の構造

皮膚の表皮は、最外層から角質層、顆粒層、有棘層、基底層の4層からできています。

基底層で新しい細胞が作られ、有棘層、顆粒層と上がっていき、顆粒層から角質層になる時に「脱核」という現象が起こります。

 

これは、顆粒層まではあった細胞内の「核が無くなって」、角質層になるという事です。

 

つまり、角質層の細胞(角質細胞)は核がありませんので、「死んだ細胞」という事です。

 

角質細胞だけではなく、髪の毛や爪の細胞も死んでいます。

(髪や爪の細胞は死んでいるので、切っても痛みがありません)

 

ここでのポイントは角質細胞は「死んでいる細胞」という事です。

 

化粧品で刺激を感じる理由

時々、化粧品を使ってみて

「ヒリヒリした!」

とか、

「赤くなった!」

などの刺激を感じたことありますよね?

 

または、一度くらいはお客様や患者様から、その様なご意見をいただいたことありますよね?

 

でも・・・

 

化粧品が「角質層までしか浸透しない」のであれば、刺激を感じることはありません!

何故なら、角質細胞は死んだ細胞だからです。

 

刺激を感じるということは、化粧品が顆粒層や有棘層、基底層といった「生きている細胞」まで届いているという事です!

 

つまり、化粧品で刺激を感じるということは、化粧品が角質層を通過して生きている細胞まで「浸透」しているという「証拠」なのです。

 

以上から、「化粧品はお肌に浸透する」という事です!

 

化粧品を浸透させる方法

ちょっとネガティブな意味(ヒリヒリとか赤みとか)で化粧品は浸透することを証明しましたが、次はポジティブに化粧品を「浸透させる」方法をお伝えさせていただきます。

 

有効成分をしっかりと浸透させたいですよね?

 

そのためには、「皮膚を温める」ことです!

皮膚を温めることで、経皮吸収が増大することが分かっています。

 

お勧めなのは高周波(ラジオ波、RF)です。

 

高周波は振動による「熱」によって、脂肪細胞を小さくしたり、コラーゲンの産生を促進してくれます。

さらに、「熱」によって皮膚が温まり、化粧品の有効成分も浸透させることが出来ます!

 

寒い季節、そしてコロナの嫌な時期が続きますが、「お肌」と「心」を温かくしましょう!!