検索検索 ナビゲーション

サロン会員

初めての方へ ログイン

BJオンラインサロン
はじめました!

化粧品のご質問にお答えします!シリーズ

今回はYouTubeチャンネルに届いた「視聴者の方からのご質問と回答」を、皆様にも共有させていただきます。

 

視聴者の方からのご質問

 

「化粧品のパッケージに書かれている『全成分』を見れば、同じ化粧品を作れますか?」

 

このご質問は何度かいただいた事があります。

 

確かに、化粧品の全成分は、

・全ての配合成分を記載する

・配合量の多い順番に記載する

・配合量が1%以下の成分は、それ以下は順不同

といったルールがありますので、全成分を見れば、配合成分は「全て」分かりますし、配合量も「おおよそ」は判断できます。

 

なので、同じ化粧品を作れると思われる方も多いと思います。

では実際にどうなのか?

 

同じ成分名でも全く違う

 

化粧品は成分名が同じでも、効果や働きは全然違うことが多々あります!

 

例えば、同じ「プラセンタエキス」という成分名を取っても、

・原料会社が違う

・抽出方法が違う

・由来が違う

・原料そのものの濃度が違う

のです!

※上記が違っても成分名は同じになるのです。

 

これはプラセンタエキスに限らず、コラーゲンやヒアルロン酸、ビタミンC、レチノール、幹細胞培養液、ナイアシンアミドなど、「どんな有効成分」でも同じ事が言えます。

 

なので、有効成分の効果を考えると、

・どの原料会社か?によって特徴は変わる

・どんな抽出方法か?によって効果が変わる

・由来によって効く、効かないがある

・濃度によって効果のスピードが変わる

という事です。

 

だから、全成分にプラセンタエキスと書いてあっても、「どの」プラセンタエキスを配合しているのか?まで知らないと同じ化粧品を作る事は出来ないのです。

 

また、化粧品の「骨格」を作る

・水性成分

・油性成分

・界面活性剤

とかでも、同じ成分名であっても、

・保湿力が異なる

・刺激があるorないものがある

・エモリエント力が異なる

・感触が異なる

・安定性が異なる

・香りが異なる

・色が異なる

etc

のです。

 

なので、これも成分名が同じでも、「どの」または「どこの」成分を使っているのか?まで知らないと同じ化粧品は作れません。

 

配合量が違えば、全く違う化粧品になる

 

先程挙げた

・配合量の多い順番に記載する。

・配合量が1%以下の成分は、それ以下は順不同

というルールを理解すれば、「ある程度」の配合量は分かりますが、あくまでも「ある程度」です。

 

化粧品の成分は、配合量が「0.1%」どころか、「0.01%」でも違えば、「全く違う化粧品」になるのです!

 

なので、配合量が「ある程度」分かったとしても、「全く同じ化粧品」を作るという事は、どんな優れた化粧品技術者でも不可能なのです!

(似た化粧品は作れますが)

 

化粧品は奇跡の産物

 

この様に化粧品は、全成分を見たからと言って同じものを作れる訳ではないのです!

 

今回お伝えしたかった事は、化粧品は様々な原料(何万種類)の組み合わせを、0.01%単位で微調整して作られるものなのです。

 

だから、ご自身に合う化粧品に出会えたら、それは「奇跡」と言えます!

奇跡的に出会えた化粧品は最後まで大切に使ってあげて下さい。

 

それが化粧品を作っている立場の者からのお願いです。