検索検索 ナビゲーション

11)ニキビになるメカニズムと対策 (30 Seconds)

ざっくり言うと・・・

・アクネ菌だけが悪い訳ではない

・毛穴詰まりと炎症がキーワード

・女性ホルモン(プロゲステロン)にも注意

 

ニキビは皮脂分泌の多い人がなるイメージがありますが、乾燥肌の人でもニキビになる事があります。

ニキビの原因には様々な要因がありますが、代表的なメカニズムは次の通りです。

 

①古い角質が毛穴の出口に詰まり「角栓」(角質と皮脂が混ざったもの)をつくります。(白ニキビ)

 

②その角栓が「酸化」して皮脂の出口である毛穴を塞いでしまいます。(黒ニキビ)

(酸化によって角栓が黒くなる)

 

③そして塞がれた毛穴の中で「皮脂」がたまり、そこに皮脂をエサにする「アクネ菌」が集まり、過剰に繁殖する事で「炎症」を起こしてしまうという流れでニキビになります。(赤ニキビ)

 

 

このようにニキビの発生には角栓、酸化、過剰な皮脂、アクネ菌、炎症という5つがキーワードになります。

また、女性ホルモンのプロゲステロンが優位になる生理前も皮脂分泌が増えてニキビが出来やすくなると言われております。

 

ニキビには様々な要因がある為、対策を絞ることは難しいですが、不規則な生活や偏食、睡眠不足、運動不足などが関係しますので、正しい生活習慣を送りましょう!

 

ニキビ対策の化粧品としては、

・「洗顔」に時間をかけすぎない。

・「マイルド」なピーリングで角栓を予防する。

・角栓の酸化を防ぐため「日焼け止め」をしっかり塗る。

・「抗炎症成分」が入った美容液を使う。(当サイトの成分辞典参照)

の4つを重視して下さい!