検索検索 ナビゲーション

サロン会員

初めての方へ ログイン

BJオンラインサロン
はじめました!

化粧品成分の組み合わせNGのものとは?

ネットやSNS上で、〇〇という成分と、△△という成分は組み合わせが悪いとか、一緒に使ったらダメという内容を見ることがあります。

皆様も一度はご覧になったことがあるかと思います。

 

という訳で今回は、化粧品成分で「組み合わせNG論争」の本当のお話をさせていただきます!

 

よく見る組み合わせNG成分

▪️ビタミンC×レチノール

※この2つの組み合わせが最もよく言われています。

理由:一緒に使うと刺激がでる。または効果が打ち消し合う。

 

▪️ビタミンC×ナイアシンアミド

理由:お互いの効果を相殺する

 

▪️ビタミンC×AHA(フルーツ酸など)

理由:皮膚への浸透が低下する

 

▪️レチノール×BHA(サリチル酸など)

理由:炎症が起こりやすくなる

 

などなど。

他にも色々と挙げられていますが、今回は代表的なものだけをお伝えしています。

 

圧倒的にビタミンCとレチノール(ビタミンA)が多いですよね・・・・。

 

組み合わせNG成分の結論

化粧品成分で組み合わせがNGのものは、ありません!!

 

そもそも、なんで上記の組み合わせがNGなのかのエビデンスもなく、多くの場合は「個人の感想」だったり、「企業側の思惑」がどんどん話が膨らんでいるだけでした。

 

むしろ、上記の組み合わせによっての美容効果のエビデンスはしっかりと存在しておりました。

 

なので、今回お伝えしたい事は、「組み合わせがNGのものはありません」ので、どんな化粧品でも安心してお使い下さいという事です。

 

ただ、どんな方でも100%安心安全な商品(成分)は残念ながらありませんので、お使いの化粧品がお肌に合わない場合は、ご使用を控えて下さい。