検索検索 ナビゲーション

意外と知られていない効果が出る化粧品の使い方

せっかく高価な化粧品を購入したのであれば、早く結果を出したいですよね?

 

 

化粧品をご購入下さるお客様には、早くキレイになって欲しいですよね?

 

 

そんな時に是非とも知っておくべき内容です!

 

 

化粧品で早く効果を出すためには、当然ながら「有効成分」をお肌の深部に届けてあげる必要があります。

 

 

反対に、一生懸命に化粧品を塗っていても、有効成分がお肌の深部に届いていないと、いつまで経ってもキレイになれません。

 

 

ですので、有効成分をお肌の深部に届ける方法をお伝えさせていただきます。

 

 

まずは、皮膚のおさらいを!

 

 

皮膚の構造は、上から

① 角層

② 顆粒層

③ 有棘層

④ 基底層

とあります。

 

 

そして皮膚の特性として、

角層から顆粒層にかけては、「親油性」が高く、

有棘層から基底層にかけては、「親水性」が高いです。

 

 

つまり・・・

 

 

角層や顆粒層は「油分に馴染みやすい」

有棘層や基底層は「水分に馴染みやすい」

という特性があります。

 

 

という事は・・・

 

 

化粧品をお肌の深部に届けるには、有効成分に「油分に馴染みやすい性質」と、「水分に馴染みやすい性質」という2つの性質を持たせる必要があります!

 

 

この2つの性質を持たせることが出来れば、お肌の深部に有効成分が届きます!

 

 

もう少しだけ深堀りします。

 

 

化粧品の有効成分は、

① 水溶性の有効成分

② 油溶性の有効成分

の2つに分けられます!

 

 

水溶性の有効成分の代表例は、

・プラセンタエキス

・ビタミンC

・アルブチン

・ペプチド類(グロスファクター)

・トラネキサム酸

・植物エキス

などなど。

 

 

油溶性の有効成分の代表例は、

・レチノール(ビタミンA)

・トコフェロール(ビタミンE)

・セラミド

・フラーレン

などなど。

 

 

ここからが本題です。

 

 

水溶性の有効成分が配合された化粧品を使う際には、油分の多い「クリーム」と一緒に使って下さい!

 

 

油溶性の有効成分が配合された化粧品を使う際には、水分の多い「ジェル」と一緒に使って下さい!

 

 

そうすれば、お肌の深部に有効成分を届けるための「油分に馴染みやすい性質」と「水分に馴染みやすい性質」の2つの性質を持たせることができます!

 

 

さらに・・・

 

 

水溶性の有効成分の特性として、クリームの様な油分が多いものとは「同居」出来ずに、油分が少ない場所に移動します。

 

 

つまり、お肌の深部に向かいます!

 

 

また、油溶性の有効成分は、ジェルの様な水分の多いものとは「同居」出来ずに、油分が少ない場所(お肌の深部)に向かいます!

 

 

この様な特性があります。

 

 

難しい話になってしまいましたが、

まとめますと・・・

 

 

水溶性の有効成分は、クリームと一緒に!

油溶性の有効成分は、ジェルと一緒に!

 

 

使うだけで、有効成分がお肌の深部に届いて、早く結果がでるはずです!

 

 

是非とも試してみて下さい。