検索検索 ナビゲーション

ダイエット成分で絶対に知っておくべきこと (30 Seconds)

ざっくり言うと・・・

・ダイエット成分は飲むタイミングが大切

・ダイエット成分は2パターンある

・タイミングとパターンを知らないと損をしてしまう

 

ダイエットサプリは「いつ飲むのか?」によって効果は全く変わってきます!

 

 

というよりも、飲むタイミングを間違えてしまうと効果は出ません!

 

 

更に、ダイエットサプリは「太らない様にする」タイプと、「痩せる手助けをする」タイプの2種類があります。

※太りたくない人は、「太らない様にする」タイプを選ぶ。

※痩せたい人は、「痩せる手助けをするタイプ」 を選ぶ。

 

 

どちらのタイプのサプリを選ぶか?によって当然効果は変わってきます。

(選び方を間違えると効果は出ません!)

 

 

という訳で、今回は国によって効果が認められているトクホ(特定保健用食品)によく配合される「ダイエット成分の代表例」を挙げていき、「作用」「飲むタイミング」「タイプ」をお伝え致します。

 

 

 

是非とも、ご自身またはお客様が飲んでいる「サプリメントを判断する」材料にしていただければと思います。

 

 

①難消化デキストリン

作用:糖質の吸収を緩やかにする

タイミング:食前

タイプ:太らない様にする

 

 

②グァバ葉ポリフェノール

作用:糖質の分解を緩やかにする

タイミング:食前

タイプ:太らない様にする

 

 

③L-アラビノース

作用:砂糖の吸収率を下げる

タイミング:食前

タイプ:太らない様にする

 

 

④ガセリ菌SP株

作用:脂質の吸収を抑制する

タイミング:食前

タイプ:太らない様にする

 

 

⑤小麦アルブミン

作用:糖質の分解を緩やかにする

タイミング:食前

タイプ:太らない様にする

 

 

⑥大麦若葉由来食物繊維

作用:糖質の吸収を緩やかにする

タイミング:食前

タイプ:太らない様にする

 

 

⑦ベータコングリシン

作用:肝臓での脂肪燃焼を促進する

タイミング:食間

タイプ:痩せる手助けをする

 

 

⑧茶カテキン

作用:肝臓や筋肉での脂肪分解を促進する

タイミング:食間

タイプ:痩せる手助けをする

 

 

⑨クロロゲン酸

作用:肝臓での脂肪消費を促進する

タイミング:食間

タイプ:痩せる手助けをする

 

 

⑩ケルセチン配糖体

作用:脂肪分解酵素を促進し脂肪を分解する

タイミング:食間

タイプ:痩せる手助けをする

 

 

などなど。

 

 

まだまだ沢山のダイエット成分はありますが、代表的なものだけを挙げさせていただきました。

 

 

せっかく高額なサプリを買っても、タイミングやタイプを間違えてしまって効果が出ないと「もったいない」ですよね!

 

 

是非とも、上記の内容をご確認下さい。