検索検索 ナビゲーション

サロン会員

初めての方へ ログイン

BJオンラインサロン
はじめました!

ビューティーワールドでの講演内容をこっそりお伝えします。

10月26日に行われるプロ野球ドラフト会議での指名を、20年以上も待ち続けている宮田哲朗です😅

 

 

10月19日、20日と大阪で開催されたビューティーワールドジャパンウエストで、「化粧品に関しての講演」をしてきました。

 

今回、ビューティーワールドにご来場いただけなかった方に、講演内容の一部をお伝えさせていただきます。

(恐らく、非常に役に立つ内容だと思います!たぶん・・・)

 

 

皆様、化粧品を選ぶ際(仕入れる際)に何を基準にされていますか?

有効成分に何を使っているか?

どんな効果があるのか?

刺激が無いか?

使用感が良いか?

etc

色々な選び方(仕入れ方)があると思いますが、やはり多くの方は、【有効成分】にどんなものを使っているのか?に注目されているかと思います。

 

 

実際にビューティーワールドに出展されている化粧品会社さんは、

・幹細胞

・フラーレン

・カイメン(針)

・水素

・ケイ素

などの【有効成分をウリ】にしてプロモーションをされておりました。

 

 

有効成分は化粧品の主役になり、その配合量によってお肌への効果は当然変わってきます!

ですので、有効成分の配合量が多い化粧品を選んだ方が良いですよね!

 

 

でも・・・

 

 

実際に配合量を「明確」にお伝えしている会社は殆どありません。

ひょっとしたら、配合量をごまかしている会社や、誇大表示している会社があるかもしれません。

 

 

と言う訳で・・・

 

 

ここから、化粧品会社は絶対に言わないであろう【有効成分の配合量の見極め方】をお伝えします!

有効成分の配合量が多いか?少ないか?を見極める方法です!

(この内容はなるべく内緒にしておいて下さい)

 

 

まずは、化粧品のパッケージに記載されている「全成分表示」のルールをおさらいします。

①全ての配合成分を記載する

②配合量の多い順番に記載する

③配合量が1%以下の成分は、それ以下は順不同

④着色料は配合量に関わらず末尾にまとめて記載する

 

 

このうち、②と③がポイントです!

 

 

化粧品に配合されている成分の「大部分」を占めるのが、

・水性成分

・油性成分

・界面活性剤

の「ベース成分」と呼ばれるものです。

 

 

なので、②の配合量の多い順番に記載する!というルールに基づくと、最初の方に記載されている成分は「ベース成分」になります。

 

 

この「ベース成分」の【すぐ後】に有効成分が記載されていれば、有効成分の配合量が多いと判断が出来ます!

そして、有効成分が【かなり後】に記載されていると、有効成分が少ないと判断が出来ます!

 

 

ただ、ここで1つ問題があります。

ベース成分の【すぐ後】に有効成分が記載されていることを確認する上で、ベース成分の「成分名を覚えておく」必要があります。

さすがに、ベース成分を全て覚えておくのは難しいですよね・・・。

 

 

ですので、もっと簡単な方法をお伝えさせていただきます!

(先に言えよ!というお叱りはご遠慮下さい)

 

 

実は、有効成分は1%以上配合されていると、その配合量は多いと判断できます!

(ベース成分以外で1%も配合する成分は少ないのです)

 

 

ここで、先ほどの③配合量は1%以下の成分は、それ以下は順不同!というルールが大切になってきます。

 

 

有効成分が1%以上配合されていることを知る上で大切なことは?

化粧品に【1%くらいしか配合しない成分】を覚えておくことです!

 

 

そして、「1%くらいしか配合しない成分」の【前】に有効成分が記載されていると、その有効成分の配合量が多いと判断できます!

反対に、「1%くらいしか配合しない成分」よりも【後】に有効成分が記載されていると、その有効成分の配合量は少ないと判断できます!

 

 

では、1%くらいしか配合しない成分とは?

覚えておくべき成分は、

・ヒアルロン酸

・コラーゲン

・植物エキス

この3つで十分です。

 

 

これらの成分名の【前に有効成分が書かれている化粧品】を選びましょう!

 

 

※この有効成分の選び方は、全ての化粧品に当てはまる訳ではなく、あくまでも【目安】としてご活用下さい。

また、1%以下でも十分に効果を発揮する成分がありますので、その点もご了承ください。

 

 

長くなりましたが、最後までお読みいただき有難うございます。

 

 

僕は多くの方々に、

本当にキレイになっていただく為に、

皆様のお役に立てる様に、

これからも正しい情報や、業界の裏情報を発信していきます。

 

 

誰か、そんな僕をドラフト指名して下さい m(__)m