検索検索 ナビゲーション

サロン会員

初めての方へ ログイン

BJオンラインサロン
はじめました!

アルブチン

アルブチンとは

アルブチンとは、美白化粧品に使用されている成分で、β型とα型に分かれています。

β型アルブチンは、ハイドロキノンという、シミの漂白をするといわれていて皮膚科でもシミの治療に処方される成分の分子構造の一部を変え、グルコースと結びつくことで作られた合成成分で、ハイドロキノン誘導体ともいわれています。

また、天然のものもあり、こちらは、コケモモやクマコケモモ(ウワウルシ)といわれるツツジ科の常緑小低木にも含まれていて、天然型フェノール性配糖体と呼ばれています。

一般的に化粧品の多くに使用されているのはβ型アルブチンで、厚生労働省からも美白有効成分として認められています。

α型アルブチンは、大手食品メーカーの江崎グリコが独自の配糖化酵素を利用して、ハイドロキノンにブドウ糖を結合させて作った成分です。

アルブチンに期待できる効果について

アルブチンは、シミやそばかすの元となるメラニンを生成する酵素チロシナーゼに働きかけてメラニンの生成を抑制するといわれています。

シミやそばかすは、紫外線やストレス、大気汚染などの影響で活性酸素が作られると、メラノサイトの中で、チロシンがシロチナーゼの働きを受けてメラニン色素に変換されます。

そのため、アルブチンが直接チロシナーゼに働きかけることで、メラニンが黒くなってシミになるのを予防する効果が期待できます。

中でも一般的な化粧品に使用されているアルブチンはβ型アルブチンですが、シロチナーゼに働きかける力は、α型アルブチンの方が、β型アルブチンの約10倍あるといわれています。

また、アルブチンは、利尿作用や殺菌作用も期待されていることから、泌尿器系のトラブル対策にも注目されています。

アルブチンの副作用について

アルブチンは、肌への親和性が高い成分ですが、合成されたものは、ハイドロキノンの分子構造の一部を変えて作られた成分なので、ハイドロキノン同様に発がんのリスクが心配されています。

最後に

アルブチンは、化粧品やサプリメントから肌や体内に取り入れます。

シミの元となるメラニンが作られるまでには24~27時間かかるといわれているため、美白効果を実感しやすくするには、日焼けをしてしまう前の予防として日ごろから継続して使用する方法がおすすめされています。

また、アルブチンには即効性はないですが、うっかり日焼けをしてしまったときには、配合されている化粧品をなるべく早めに使用することが大切です。