検索検索 ナビゲーション

サロン会員

初めての方へ ログイン

BJオンラインサロン
はじめました!

RF

RFとは

「RF」は、「Radio Frequency」の頭文字をとったもので、日本語では「高周波エネルギー治療」と呼ばれる美肌治療の一つです。トラブルを抱える肌にRFを照射することで皮膚を加熱し、その温熱効果が皮膚のターンオーバーを活性化させます。また、皮膚は温められることで血行が促進され、肌の引き締めやリジュビネーション(肌の若返り効果)が期待できます。

RFとIPLの複合治療がスタンダード

RF単独の施術も存在しますが、現在の主流は「RFとIPLを組み合わせた」美容医療です。「IPL」は、「Intense Pulsed Light(インテンス・パルス・ライト)」と呼ばれる特殊な光線を照射することで、肌トラブルを改善する光治療を意味します。

RFとIPLを組み合わせると、高周波エネルギーと光エネルギーのダブル照射が可能になります。高周波エネルギーは皮膚の真皮層まで温熱効果を及ぼし、光エネルギーが表皮層のメラニンやメモグロビンを分解することで、より幅広い肌トラブルに対応可能な特徴があります。

また、シミなどの色素沈着を分解するだけでなく、コラーゲン産生を促進する効果も期待できるので、ハリのある若々しい肌を取り戻す効果も報告されています。

さまざまな肌トラブルに適応がある

RFとIPLを組み合わせることで、さまざまな肌トラブルに効果が期待できます。具体的には、「シミ・ソバカス」の色素分解、「クスミ」除去による顔のトーンアップ、「シワ」の改善、「肌のハリ」を取り戻す等の効果があります。

特徴はダウンタイムが少ないこと

従来の美肌治療といえは「レーザー治療」が主流でしたが、レーザー治療の問題点の一つに「ダウンタイム」がありました。ダウンタイムとは、施術後に肌の腫れや色素沈着が一時的に生じるもので、もとのキレイな肌に戻るまでに最低数日を要するのが当たり前でした。

一方RF治療の場合、このダウンタイムが少ないのが特徴です。そのため、一度に顔全体の施術が可能であったり、施術後すぐにキレイな肌を手に入れられたりなどのメリットがあります。

安全性の高い施術が可能

従来の肌治療の場合、常にヤケドのリスクと隣合わせでしたが、RFにはヤケドを防止する独自の「温度管理・冷却システム」を搭載する器具も多く存在します。そのため、より安全性の高い施術が可能になります。

また、痛みもほとんど感じないか、少しゴムで弾かれた程度の軽いものです。痛みが軽ければ、精神的な負担だけでなく、肌へのダメージも最小に抑えられる利点があります。