検索検索 ナビゲーション

サロン会員

初めての方へ ログイン

BJオンラインサロン
はじめました!

タラソテラピー

タラソテラピーとは

タラソテラピーとは、ギリシャ語の「タラサ(海)」とフランス語の「セラピー(療法)」を組み合わせた造語で、日本では「海洋療法」と呼ばれることもあります。

ミネラルや栄養素を豊富に含む海水や海藻、海泥を使用して行う自然療法で、「海水入浴法」「海藻療法」「海泥療法」の3つからなります。

タラソテラピーは、人間が本来もつ自然治癒力を引き出すとされており、治療やリハビリテーションの目的で用いられていました。

近年では、健康維持や美容、リラクゼーションなどにも活用されています。

タラソテラピーの期待できる美容効果について

海のミネラルや栄養素を皮膚から吸収するので、肌への効果が高いトリートメントです。

海水に含まれるナトリウムやカルシウムには保湿作用があり、海泥に含まれるアミノ酸には、皮膚の組織を再生する作用があるので、より美肌効果が期待できます。

また、海藻に含まれているヨードには、脂肪を分解する作用があり、老廃物や毒素を排泄する働きもあるため、ダイエット効果やデトックス効果も期待できます。

さらに、海水などに多く含まれるミネラルや栄養素を皮膚から取り込むことができるので、ミネラル不足などの栄養状態を改善し、身体のバランスが整います。

本来の自然治癒力が引き出され、さまざまな身体の不調が改善する効果が期待できます。

温水の海水に浸ることで温熱作用により血流が良くなり、また海水の浮力を活用して運動することで筋肉がほぐれやすくなり、頭痛や肩こり、腰痛、関節痛の改善にも効果があります。

その他、自律神経のバランスを整える作用もあり、リラクゼーション効果も望めます。

タラソテラピーの施術方法について

「海水入浴法」では、海水に浸かって、海水に含まれるミネラルを全身の皮膚から吸収させる施術です。

「海藻療法」は、ヨードが豊富な海藻をペースト状にして顔や身体に塗って、トリートメントを行います。

「海泥療法」では、ミネラルを多く含む海泥で全身をパックします。

タラソテラピーの注意事項について

タラソテラピーは、副作用のない自然療法です。

注意点としては、海藻やヨードにアレルギーがある人、甲状腺疾患がある人は施術できません。

また、高血圧や心臓疾患がある人も施術を控えるか、かかりつけ医に相談が必要です。

皮膚トラブルがある人、肌が弱い人も施術を控えたほうがよいでしょう。

妊娠中の人もヨードの過剰摂取で胎児に影響がでる可能性があるので、タラソテラピーは控えてください。