検索検索 ナビゲーション

サロン会員

初めての方へ ログイン

BJオンラインサロン
はじめました!

シジミ

シジミとは

シジミは、淡水または汽水に生息する小さな二枚貝のことです。お味噌汁の具や佃煮として、みなさんとも馴染み深い食品になります。

近年では、シジミに含まれる健康成分が注目を集めており、「シジミエキス」などの名称で健康食品として販売されることも多くなりました。

シジミ成分には何が含まれるの?

シジミに含まれる成分としては、「オルニチン」「タウリン」「鉄分」「カルシウム」「ビタミンB12」が健康に良いとされています。

シジミと聞くと、「オルニチンの肝臓への作用」が注目されがちですが、鉄分やビタミンB12も豊富に含まれていることから、貧血にお悩みの女性にもおすすめできます。また、カルシウムはご存知のとおり骨代謝に欠かせないミネラルなので、高齢者の骨粗鬆症予防にも効果的です。

オルニチンとタウリンについては、次の章で詳しく解説いたします。

オルニチンが肝臓を助けるメカニズム

「オルニチン=肝臓に良い」とイメージされる方も多いと思いますが、具体的にどのような働きをしているかご存知ですか。

オルニチンは遊離アミノ酸に分類され、肝臓においては「オルニチン回路」と呼ばれる代謝回路を構成しています。私たちは毎日のようにタンパク質を摂取していますが、タンパク質の変換過程では「アンモニア」という有毒物質が生成されてしまいます。オルニチン回路はアンモニアを無毒な尿素へ変換するための代謝回路で、オルニチン成分も重要な役割を果たしています。「オルニチンは肝臓を助ける」とよく言われるのは、これが理由になります。

また、オルニチンは肝臓以外にも分布しており、疲労回復やタンパク(筋肉)合成、成長ホルモンの分泌などの作用も報告されています。

タウリンは疲労回復に効果的

タウリンもアミノ酸の一種であり、貝類やイカ・タコなどに豊富に含まれる成分です。

ヒトにおける研究では、タウリンが筋細胞のダメージを軽減する効果が確認されていることから、「疲労回復」への効果が期待されています。栄養ドリンクのほとんどにタウリンが含まれているのも、疲労回復の効果を狙ってのことです。

シジミ成分の副作用は?

健康な方であれば、シジミ摂取に伴う重篤な副作用の報告はありません。

一方、慢性肝炎やNASH(非アルコール性脂肪肝炎)など、もともと肝機能が弱っている方の場合、過剰な鉄分が肝臓に沈着して有害性を生じる報告があります。そのため、肝機能障害を指摘されている方は、シジミ成分の過剰摂取は避けた方が良いと言われています。