検索検索 ナビゲーション

サロン会員

初めての方へ ログイン

BJオンラインサロン
はじめました!

フラクトオリゴ糖

フラクトオリゴ糖とは

「フラクトオリゴ糖」はオリゴ糖の一種で、お菓子などの食品にも使用される身近な甘味物質です。フラクトオリゴ糖の甘味度は、ショ糖(砂糖)の約30%と控えめの甘さが特徴です。加えて、エネルギー量は1g当たり2キロカロリーと、ショ糖の約半分であることから、ダイエット成分としても注目されています。

オリゴ糖なのに糖として吸収されない

フラクトオリゴ糖の最大の特徴は、「胃腸で消化されにくいこと」です。胃腸の消化酵素で分解されることなく大腸まで到達することで、フラクトオリゴ糖は「善玉菌」の栄養源になります。現在の日本は「食の欧米化」により、善玉菌が増えにくい腸内環境になりがちです。腸内環境の悪化は、「便秘」「下痢」など便の不調として現れることがあります。フラクトオリゴ糖の摂取によって、善玉菌が優位な腸内環境を手に入れれば、便通の改善効果も期待できます。

ロカボダイエットにも効果的

胃腸で消化を受けにくいということは、裏を返せば「フラクトオリゴ糖のほとんどは吸収されない」ことになります。そのため、糖を摂取しているにもかかわらず、摂取後の血糖値上昇は緩やかな特徴があります。

急激な血糖値の上昇は大量のインスリン分泌を誘発し、ひいては「肥満」「糖尿病」「脂質異常症」などの生活習慣病へ発展するおそれがあります。また、高血糖は健康リスクだけでなく、「皮膚の色素沈着」「シワの形成」などの加齢現象を促進するという報告もあります。

普段摂取しているショ糖をフラクトオリゴ糖に置き換えるだけで、血糖値の変動を緩やかにする効果が期待できるので、誰でも簡単に「ロカボダイエット」の実践が可能です。

フラクトオリゴ糖の使い方

フラクトオリゴ糖はショ糖の約30%の甘味度で、味もショ糖に近いことから、使い勝手のいい甘味成分です。そのため、普段の料理で使用している砂糖をフラクトオリゴ糖に置き換えても、特に違和感なく料理を楽しめます。

ロカボダイエットを挫折する大きな理由に「甘いものがやめられない」ことが挙げられます。糖には中毒性があり、摂取することで脳内で「ドーパミン」という快楽性の神経伝達物質が放出されるため、頭では分かっていてもやめることは難しいのです。

フラクトオリゴ糖成分のスイーツであれば、血糖値の変動が緩やかなことに加えて、カロリーを抑えることもできるので、ダイエット中のご褒美としては最適です。