検索検索 ナビゲーション

サロン会員

初めての方へ ログイン

BJオンラインサロン
はじめました!

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸とは

ヒアルロン酸は、体の目や皮膚、関節などによく含まれている成分です。ヒアルロン酸はもともと人間の真皮に多く含まれていて、細胞と細胞の間でクッションのようなふわふわなものの役割を果たしています。年齢とともに減少していくのが理由で、年齢が経つにつれて必要となってくる成分です。

ヒアルロン酸の効果について

ヒアルロン酸は、素晴らしい保水成分があり、体の細胞に適度なうるおいを与えてくれます。乾燥肌の人も心配ありません。ヒアルロン酸は、冬などによく起きる皮膚の乾燥からも守ってくれます。肌だけでなく、関節軟骨や関節腔などに含まれていて、クッションのようなふわふわなもののような働きをしてくれます。

ヒアルロン酸の不足について

歳をとると、ヒアルロン酸が減少してしまいます。ヒアルロン酸が不足してしまうと、いくつかの小さな症状が出始めます。ヒアルロン酸が減少してしまうと、肌の張りがなくなってしまい、うまく関節が動かなくなったり、痛くなったりしてしまいます。中高年以上の人の関節の主な原因として、ヒアルロン酸の減少が挙げられます。

ヒアルロン酸の摂取方法について

ヒアルロン酸の摂り方は主に2つあります。1つはスキンケアなどの化粧品に入っているタイプと、2つ目はサプリメントです。サプリメントのほかにも、ゼリー状のヒアルロン酸もあります。サプリメントやゼリー状のヒアルロン酸はそのままの状態では腸に吸収されません。まず胃で消化されて小さく分解され、初めて吸収されます。ヒアルロン酸のサプリメントを摂ることはとても大切です。しかし、サプリメントを摂るときの注意点として、ヒアルロン酸のみを摂らないようにしてください。サプリメントを摂るときは、きちんとバランスよく他の成分も摂るように心がけましょう。ヒアルロン酸はスキンケアやサプリメントのほかに、関節内注射もあります。

ヒアルロン酸の副作用について

ヒアルロン酸を摂りすぎたり、ヒアルロン酸の関節内注射をすると以下のような副作用が起きてしまう可能性があります。

・じんましんなどの吹き出物ができる

・浮腫ができる(ヒアルロン酸関節内注射をした場合の副作用)

・顔が赤くなる

・関節の痛み(ヒアルロン酸関節内注射した場合の副作用)

もしもヒアルロン酸を摂取していて、このような症状が出始めたら摂取をやめるようにしてください。それでも心配することがあるのであれば、病院に行っても構いません。