検索検索 ナビゲーション

サロン会員

初めての方へ ログイン

BJオンラインサロン
はじめました!

ルテイン

【ルテインとは】

ルテインは、眼の健康を保つ成分として注目されています。
ルテインは、強い抗酸化作用(抗酸化=老化防止)を持つカロテノイドの一種で黄色の天然色素です。目の中の水晶体とよばれるレンズ部分や、その奥にある黄斑にあって目を守る働きをしています。ケールなど緑黄色野菜に多く含まれる成分です。

ルテインが不足すると、光による酸化ダメージから水晶体や黄斑部を守るパワーが弱まります。「目の老化現象」と言われる、白内障、加齢黄斑変性症、緑内障などの眼の疾患にかかりやすくなってしまいます。

【ルテインの効果】
体内に吸収されたルテインは、網膜の中心にある黄斑部に蓄積されますが、加齢とともにルテインの量は減少します。ルテインの不足は眼病のリスクを高め、視力の衰えにも影響を与えます。現代社会では避けることができない、ブルーライトの青色の光や紫外線を吸収する性質があります。そのため、有害な光線から保護し、サングラスのような働きをしてくれています。

【ルテインが不足すると】

現代の食生活は、野菜不足が広がっています。食生活の偏りによるルテインの摂取不足は、目の病気を発生させる元となっていることが考えられます。現代では、携帯電話の普及とともに、若者を中心にルテイン不足が年々進んでいます。食生活以外の生活習慣では、喫煙、運動不足、過労、ストレスなどにより、ルテインの吸収能力を落とす要因が潜んでいます。

これらの生活習慣は、肝臓の機能を著しく低下させます。肝機能が低下し、脂肪の吸収効率が衰えると、ルテインの吸収にも大きく影響してきます。
さらに、体内の酸化を促す活性酸素の発生原因にもなります。目の中のルテインは、目の酸化を防ぐ時に、大量に消費するため、結果的に不足を招いてしまいます。

【ルテインを含む食品】

ルテインの多い食べ物の代表は緑黄色野菜です。中でも、特にルテインを多く含む食品には下記のようなものがあります。

ケールや、乾燥プルーン、アボカド、ほうれん草、小松菜、モロヘイヤやよもぎといった野菜が中心になります。果物は、野菜に比べると、含有量が少なくなりますが、食事だけでなく間食としても食べられるので毎日続けやすい食材と言えます。

ルテインは、人間の体にも生まれつき存在することが知られていていますが、人間の体内では生成することができないため、普段の食事でもルテインを多く含む食品を意識して摂ることが大切になります。