検索検索 ナビゲーション

サロン会員

初めての方へ ログイン

BJオンラインサロン
はじめました!

セサミン

セサミンとは

セサミンとは文字通りゴマに含まれているゴマリグナンという成分の一種です。ゴマリグナンはゴマに含まれている成分の内の1%程度しかありません。

しかし、セサミンはゴマリグナンの中では約50%以上を占めているといわれていて、ゴマリグナンの代表的な成分の1つです。

また脂溶性の性質を持っているため水に溶けないので、ゴマから摂取するときはそのまま食べるのではなく、一旦油で調理してからにしましょう。そうすればスムーズにセサミンを摂取できます。

セサミンの効果・効能について

セサミンにはさまざまな作用があり、健康と美容の両方によい効果を与えます。ここでは両方の効果について解説していきます。

健康への効果

セサミンの効果で最も有名なのが肝機能を高めるというものです。

セサミンは脂溶性で水に溶けないため、胃や腸で分解・吸収されません。門脈と呼ばれる静脈を通って肝臓に届いて貯蔵されます。そして抗酸化作用によって肝臓の細胞をサビから守って機能をアップさせるのです。

肝臓は栄養を細胞が使いやすい形に変えたり毒素を無害化させたりする働きをしています。例えば、乳酸は疲れを感じさせる成分ですが、血中の乳酸をグリコーゲンに変えることで疲れを軽減してくれます。

また、アルコールやニコチンは体内では毒ですが、中和することで無害にしてくれているのです。

他にもセサミンには動脈硬化や高血圧を改善する効果もあります。血中には善玉コレステロールと悪玉コレステロールの2種類が存在しています。この内、セサミンは動脈硬化の原因となる悪玉コレステロールを減らす効果があるのです。

美容への効果

セサミンには肝臓の働きを改善する働きがありますが、肝臓は胆汁という脂肪を消化するのに必要な液体を作る場所でもあります。つまり、肝臓の働きがよくなると脂肪の燃焼が促進されてダイエット効果が期待できるのです。

他にもアンチエイジング効果もあります。セサミンは抗酸化作用を持っているので、老化を進める活性酸素の働きを抑えてくれるのです。その結果、肌にハリやツヤが戻ってきたり、コシがある髪が生えてきたりするのです。

セサミンの副作用について

結論からいって、セサミンには副作用に関する報告はされていません。そのため、セサミンを摂取しても身体を悪くすることはないといえます。

ただし、サプリメントで摂取する場合は注意が必要です。サプリメントにはセサミン以外の成分も含まれているからです。

サプリメントでセサミンを摂取するときは、パッケージの目安の量を守って飲むようにしましょう。