検索検索 ナビゲーション

サロン会員

初めての方へ ログイン

BJオンラインサロン
はじめました!

コラーゲン

コラーゲンとは?

コラーゲンとは、体の皮膚、じん帯、血管、軟骨を作り上げている繊維状のたんぱく質の1種です。

ヒトの体全体にあるたんぱく質の約30%がコラーゲンですが、そのうち皮膚の約40%、骨や軟骨の約20%がコラーゲンで成り立っています。

また、体や臓器の形を保ったり、細胞同士をつなぐ接着剤のような働きのほか、細胞の増やす役割や、器官の形成、傷口を治す働きもあることがわかっています。

コラーゲンが不足するとどうなる?

コラーゲンは、お肌のハリと弾力を保つ役割があるため、不足すると、お肌にシワができたり、お肌全体がたるんだりします。

また、コラーゲンによって保たれていた弾力がなくなることで、体のさまざまな組織が弱くなつたり、関節通に悩まされたりします。

さらに、コラーゲンが作られるにはビタミンCとアミノ酸が必要ですが、ビタミンCが不足してコラーゲンが不足することで、体内の各器官に、出血性の障害がでる壊血病になるといわれています。

コラーゲンが含まれている食品は?

コラーゲンを多く含む食品は、フカヒレ、鳥の手羽先、豚足、牛すじ、うなぎなどです。

また、お菓子によく使われるゼラチンはコラーゲンから作られています。

コラーゲンの期待できる美容効果は?

お肌のコラーゲンの量は、加齢とともに少なくなり、ピークは25歳です。

その年齢をずきると40代では1/2に、60代では1/3にまで減少するといわれています。

これは、コラーゲンの細胞が古くなると、硬くなるために分解されず、新しいコラーゲンが生成されなくなってしまうからです。

そのため、サプリメントで補うことで、ハリと弾力のあるお肌に導くといわれています。

コラーゲンの中にも種類があってⅠ型コラーゲン、Ⅱ型コラーゲン、Ⅲ型コラーゲンがありますが、Ⅰ型は皮膚コラーゲンの90%を占め、Ⅱ型は軟骨に多く存在しています。

また、Ⅲ型コラーゲンは、血管や子宮に大切なコラーゲンなので女性が摂取することがおすすめされています。

コラーゲンの期待できる健康効果は?

コラーゲンが減少すると、骨が弱くなり折れやすくなりますが、カルシウムとともにコラーゲンを摂取することで、骨粗しょう症の予防になるといわれています。

また、コラーゲンを摂取することで高血圧の予防、関節炎の回復などにも効果的といわれています。

コラーゲンに副作用はある?

コラーゲンの副作用は、ごくまれですが、アレルギーによる湿疹や、頭痛、めまいなどの症状があらわれる場合があります。