検索検索 ナビゲーション

皮下脂肪とシワの興味深い関係性とは?

今回は「シワ」や「たるみ」が気になっている方や、そんなお客様が来店されるサロンには、絶対に読んでいただきたい内容を投稿します!
 
 
それは・・・
 
 
【皮下脂肪】が増えると、シワやたるみになるという事です。
 
 
皮膚は、
① 表皮
② 真皮
③ 皮下組織(皮下脂肪)
の3層で構成されています。
 
 
一般的には、シワやたるみは「真皮」が関係していると言われています。
真皮に存在する、
・ コラーゲン
・ エラスチン
・ ヒアルロン酸
といった成分が壊れたり、減少したりする事で、皮膚の重みを支えきれずに凹んでしまうとシワやたるみになります。
 
 
でも・・・
 
 
実は「皮下脂肪」も物凄く関係しているのです!
 
 
ここからは、「資生堂ライフサイエンス研究センター」のデータを元にお話をしていきます。
 
 
① 皮下脂肪が大きくなると、コラーゲンが分解されてしまう。
脂肪細胞が肥大化していくと、MMP13(マトリックスメタロプロティアーゼ13)というコラーゲンを分解する酵素が増えてしまい、そのことでコラーゲンを分解してしまう。
 
 
② 皮下脂肪が大きくなると、エラスチンも分解されてしまう。
脂肪細胞が肥大化していくと、MMP9というエラスチンを分解する酵素が冷えてしまい、そのことでエラスチンを分解してしまう。
 
 
③ 皮下脂肪が大きくなると、線維芽細胞の働きが弱まる。
脂肪細胞が肥大化していくと、本来は線維芽細胞が産生するはずの、コラーゲンやエラスチンの産生能力が下がってしまう。
 
 
(ぽっちゃりしてる人の方が、顔にハリがあるような気がしますが、実はそれは真皮が元気な若い人だけなのです・・・)
 
 
つまり、「皮下脂肪が大きくなる」と、コラーゲンやエラスチンが分解されてしまい、シワやたるみを引き起こします。
 
 
また、コラーゲンやエラスチンが新しく作られにくくなってしまいます。
 
 
反対に・・・
 
 
脂肪細胞が小さいまま(肥大化していない)だと「アディポネクチン」という善玉物質が分泌されて、このアディポネクチンによって線維芽細胞からのコラーゲンやエラスチンの産生が増加するのです。
 
 
という事は・・・
 
 
シワやたるみを防ぐには、皮下脂肪を減らすこと(ダイエット)が大切と言えます。
 
 
ですので、シワやたるみを防ぐために【ダイエットに有効なサプリ成分】をお伝えさせていただきます。
 
 
◆ 皮下脂肪が大きくならないようにする成分
・ 食物繊維
・ 難消化デキストリン
・ サラシノール
・ ビタミンB1
・ イヌリン
etc
 
 
◆ 皮下脂肪を小さくするための成分
・ L−カルニチン
・ ビタミンB2
・ EPA
・ DHA
・ カテキン
・ ポリフェノール
etc
 
 
※もちろん、運動や食事制限も必要です。
 
 
最後に 、ご自身やお客様が飲んでいるサプリ成分の効果を調べたい時は、当サイトの「サプリ成分辞典」が非常に便利です✨